NEWS


お知らせ

●Apogee Symphony I/O MKII Thunderbolt Chassis with 16 Analog In + 16 Analog Out + 16 Analog In + 16 Analog Out:イケベ楽器ショップ - 86d6a

2019-10-21
カテゴリトップ>ギター/ベース関連小物&デジタル機器>DTM>DTMハードウェア>Apogee
●Apogee Symphony I/O MKII Thunderbolt Chassis with 16 Analog In + 16 Analog Out + 16 Analog In + 16 Analog Out
Apogee Symphony I/O Mk II Thunderbolt
32×32 Analog I/O

Symphony I/O Mk IIは、Apogeeの最新フラッグシップAD/DAコンバータを搭載した、マルチ・チャンネル・オーディオインターフェースです。最大で32入出力を可 能にする豊富なI/Oモジュールと直感的なタッチスクリーン・ディスプレイを採用し、さらにワールドクラスのマイクプリ・オプションを追加することも可能 です。オーディオ・レコーディング、ミキシング、マスタリングにおいて、プロフェッショナルが要求するサウンド・クオリティをSymphony I/O Mk IIは、現代のスタジオにおいて、あらゆる音楽制作の究極的かつ最重要のデバイスとなることでしょう。

Symphony I/O Mk IIは、あらゆるユーザのためのソリューションとなります。ホーム・スタジオ、プロジェクト・スタジオ、商業レコーディングから、スコア収録まで。 2×6、8×8、16×16、そして8×8+マイクプリ、ベースとなる4つのI/Oコンフィギュレーションから選択し、スタジオ規模に合わせて後から簡単 に拡張することもできます。2つのモジュールスロットには、最大32入出力に対応するAD/DAコンバータを搭載可能です。同一カテゴリのインターフェー スと比較しても、Symphony I/O Mk IIは1チャンネルあたり最高のバリューを提供します。

Thunderbolt端子を搭載するMac、Logic Pro XほかCore Audioに準拠するDAWと接続。ユニット/システムごと最大32チャンネルの同時入出力と、最短1.35msの低レイテンシー(Logic Pro X、96kHz/32 buffer)を実現。
インプット
アナログ入力: 2x 25-pin D-Subコネクターバランス入力 x 32ch
S/PDIFコアキシャル入力: RCA同軸 44.1-192 kHz x 4ch
アウトプット
アナログ出力: 2x 25-pin D-Subコネクターバランス出力 x 32ch
S/PDIFコアキシャル出力: RCA同軸 44.1-192 kHz x 4ch
接続:Thunderboltケーブル(別売)
パフォーマンス:
44.1kHz 192kHz
レイテンシー -1.35ms (Logic X, 96kHz/32バッファー設定時)
対応環境:
Thunderboltポート搭載のMacintosh(Mac Pro、MacBook Pro、Mac Mini、iMac、MacBook Airほか)
OS X 10.9.5-10.11
機器のコントロール:
Maestro(付属制御用ソフトウェア)
本体フロントパネル・タッチスクリーン
対応ホストアプリケーション:
Logic X
CoreAudio対応オーディオ・アプリケーション
伝説的サウンド・クオリティ
Apogeeのエンジニアは、フラッグシップ・モデルのあらゆる側面を改良するため日々情熱を注いでおり、最新のコンポーネントを用いて設計・最適化された回路群は、しばしば個別の部品製造者の予想を上回るパフォーマンスを生み出します。これこそがApogeeのアドバンテージといえます。Symphony I/O Mk IIは、過去30年にわたり引き上げられたハードルを乗り越えてきたApogee製品群の頂点であり、そのサウンドは研ぎ澄まされ、より高い明瞭度と透明度を備えます。事実、新しい8×8または16×16モジュールを備えたSymphony I/O Mk IIは、Pro Tools HDまたはThunderboltシステムをベースとする、他のマルチ・チャンネル・オーディオインターフェースを凌ぐパフォーマンスを発揮します。プロオーディオ業界の新たなフラッグシップ・オーディオインターフェースとして、グラミー受賞アーティストから、プロデューサー、ソングライター、エンジニアまで、Symphony I/O Mk IIはあらゆるユーザーのためのベストな選択と言えるでしょう。
Logic Xからのコントロール
Apple Logic Xをお持ちなら、8チャンネル・マイクプリ・モジュールのゲイン、入力タイプ、位相設定といったハードウェア・パラメータを、Logic XおよびLogic Remoteアプリのミキサー画面から直接調整、変更することができます。レコーディングにおけるクリエイティブなワークフローを犠牲にすることなく、多様なパラメータを容易に視覚化し、シンプルな操作性を実現します。

トップ ⇒ 現在地


Apogee
≪アポジー≫
Symphony I/O MKII Thunderbolt Chassis
with 16 Analog In + 16 Analog Out
+ 16 Analog In + 16 Analog Out
オーディオインターフェイス
【オーディオインターフェイス】

LINE@お友達募集中!
ページの先頭に戻る