NEWS


お知らせ

【新製品】 IRIVER アイリバー Diana 【Astell&Kern IEM-JH Audio THE SIREN SERIES-Diana】 高音質 イヤホン イヤフォン 【送料無料】【1年保証】:eイヤホン - ba264

2019-08-02
カテゴリトップ>イヤホン>【ジャンル別で探す】イヤホン>耳掛け型/SHURE掛けイヤホン
【新製品】 IRIVER アイリバー Diana 【Astell&Kern IEM-JH Audio THE SIREN SERIES-Diana】 高音質 イヤホン イヤフォン 【送料無料】【1年保証】

THE SIRENシリーズのユニバーサルIEMに
アルミボディ、3Way・3BAドライバーモデルが登場

Diana

ヒーローイメージ

「Diana」は、ハイレゾ・オーディオブランドAstell & Kernと、インイヤーモニターの世界的メーカーであるJerry Harvey Audioのコラボモデルとなる、アルミボディ、3Way・3BAのユニバーサルIEMです。
複数ドライバーの時間軸と位相を正確に制御する独自技術「freqphase®テクノロジー」や、ノズルの先にアコースティックチャンバーを設け、特に高音域に最適化を施した「アコースティック・チャンバー・サウンド・ボア・デザイン」の採用、さらに剛性の高いアルミボディが共振を抑制することで、全ての帯域で理想的なサウンドを実現します。

主な特徴


開発者 Jerry Harveyコメント

「DIANA」は、JH Audio最新の3BAドライバーのユニバーサルIEMですが、今回はオーディオファンを念頭に、Astell & Kernプレーヤーとのマッチングを考慮した設計をしました。 フラットで情報量をしっかり導き出すサウンド、そしてその比類のないダイナミックレンジは、Astell & Kernユーザーにとってのリファレンスイヤホンとして、最適な選択の一つとなるでしょう。 そして「DIANA」は、より良いフィット感が可能にする、快適なリスニングのために、最新世代の人間工学に基づいたエルゴノミックデザインを採用しています。 さらに特許出願中の「アコースティック・チャンバー・サウンド・ボア」が高音域への最適化を施すと共に、汗や耳垢に対するメンテナンスも減らしてくれます。
Diana名称の由来
Astell & KernとJerry Harvey Audioのコラボ製品は、全てロックミュージックの女性名がタイトルとなった曲をモチーフとしてきましたが、今回はマイケル・ジャクソンの有名曲「Dirty Diana」モチーフとしています。

特徴画像

THE SIREN シリーズ 新設計B.A.ドライバー

THE SIRENシリーズは、音を正確にチェックするマスタリング用リファレンスとしての設計をしています。独自開発のB.A.(バランスドアーマチュア)ドライバーを採用。高域用ドライバーは情報量の全てを再生し、中域用ドライバーは10Hzから5kHzまで限りなくフラットな再生、そして低域用ドライバーは、歪を最小限に抑え、ローパスフィルターにも対応しています。

特徴画像

独自のチューブウェイブガイド「freqphase®テクノロジー」

複数のドライバー構成での時間軸と各帯域の位相を正確に制御する特許技術です。独自のチューブウェイブガイドにより各ドライバーの信号を0.01ミリ秒以内に確実に到達させ、High、Mid、Lowドライバーを最も理想的な位相カーブの1 / 100msにアライメント。IEMとしての役割を適切に行います。

特徴画像

3Way・3BAドライバー(高域×1、中域×1、低域×1)

独自開発のB.A.(バランスドアーマチュア)ドライバーを3Way・3BAドライバー(高域×1、中域×1、低域×1)で採用。独自の「freqphase」テクノロジーと統合することで、3ドライバー構成の時間軸と各帯域の位相を正確に制御します。

特徴画像

新技術「アコースティック・チャンバー・サウンド・ボア」

ノズル部分にアコースティックチャンバーを設け、特に高域特性の最適化されたワイドレンジ再生を実現。導管に汗や異物が入り込むことの防止にもなります。

特徴画像

フルメタルシェル

ボディシェルにハイクオリティなサウンド、デザイン性、高い耐久性の全てを満たすアルミニウムを採用しました。JH AudioのカスタムIEMの長年に渡る経験とノウハウが可能にするエルゴノミックデザインにより、ユニバーサルタイプでありながら、カスタムに肉薄するフィット感と遮音性を実現。モニタリングに最適なサウンドを快適にご使用いただけます。

特徴画像

4N純銀と、銀メッキ加工7N OCCのハイブリッドケーブル

4N純銀と、銀メッキ加工を施した7NN OCC銅線のコンビネーションによるハイブリッドケーブルを採用。 信号を一切スポイルすることなく、非常にクリアな高域から沈み込む深い低域まで、驚異的なワイドレンジ再生を実現。音楽のダイナミックレンジを損なわない高純度伝送を可能にします。カスタムIEM 2pin採用、2.5mm/4極バランスプラグ搭載です。
*2.5mm/4極→3.5mm/3極変換ケーブルが付属します。

特徴画像

主な仕様


形式ユニバーサルフィットIEM (インイヤーモニター)
ユニットカスタムメイド・バランスドアーマチュアドライバー
(L/R各3ドライバー/高域×1、中域×1,低域×1)、3ウェイ構成)
インピーダンス18Ω
ノイズアイソレーション-26dB
コネクター形状カスタムIEM 2pinタイプ
付属品キャリングケース、IEMケーブル (2.5mm/4極)
2.5mm/4極→3.5mm/3極変換ケーブル
シリコンイヤーチップ (L・M・S)

THE SIREN SERIESに新たなラインナップ「Diana」登場です。
フルメタルシェル&鮮やかなレッドが非常に美しいですね。
4N純銀と、銀メッキ加工7N OCCのハイブリッドというなかなか豪華なケーブル付きです。
太いですがしなやかでノンストレス。
少し重みはありますが装着感は良いので気にはならないですね。

3BAですが、かなりワイドレンジでメキメキとした解像感があります。
上から下まで滑らかに出力し、定位がかなりいいです。
音場はそこまで広くないですが、定位がいいのと、各帯域が互いにおいしい塩梅で主張してくるので、せまっ苦しい感覚は全くないです。
低域は深く沈みながら肉厚でハリがあり、ボーカルもクッキリと聴き取れます。
ハイはキツさがなく、絶妙に抑制されているんですがかなり上の部分までしっかり伸びます。
リファレンスというだけあってやや下寄りに感じましたが、トータルバランスのよく取れたイヤホンだと思います。

フラット&トルクフルな感じで非常に聴いていて気持ち良いイヤホンだと思います。
ぜひ聴いてくださいな。

Astell&KernとJH Audioのダブルネームイヤホンに3Way/3BAの新機種「Diana」が登場しました!鮮やかな赤色に彩られたアルミボディは、堅牢かつ軽量に仕上げられています。純正ケーブルにしては、かなり造りがしっかりとした8芯ケーブルを採用しています。太くゴツい見た目に反して、しなやかで取り回しが良いのが好印象です。試聴してみると、出音のはっきりとした鮮明なサウンドに圧倒されます。音の輪郭がかなりくっきりと聴こえるタイプのイヤホンで、かつJH Audioのイヤホンらしい厚く押し出しの強いサウンドが特徴です。良くも悪くもエネルギッシュでパワフルなサウンドで、中低域にかけての厚みのあるサウンドが特徴です。かといって音がつぶれていたり、団子になっている訳ではなく、ハッキリとした音を出してくれるので、音の聴き分けがしやすいイヤホンです。ベースやギターの音を気持ちよく聴かせてくれるイヤホンだと思います。ぜひご試聴ください。

アルミボディ、3Way・3BA のユニバーサル IEM

LINE@お友達募集中!
ページの先頭に戻る